6歳未満の子供にはチャイルドシートが必要

最近は出産したら必ず使用する物の一つとしてチャイルドシートがあります。
6歳未満は車に乗る際に必ず乗せなければならないという決まりがあるものなのです。
抱っこして車に乗車して事故に遭ってしまった場合、子供は軽いのでフロントガラスに突っ込んでしまって死亡してしまうなどの事故が多くあったことから、乗車の際には必ず乗せなければならないという決まりができたのです。
しかし他人の車に乗車する際には抱っこでいいと勘違いしている人も多く、警察官に止められた際に口論になってしまうという人も多くいます。
他人の車であろうが自分の車であろうが抱っこして乗るということは違反になるので注意が必要です。
それは新生児も同じなのです。
病院から退院する際に自家用車で自宅まで帰宅するという人が多くいますが、新生児であっても抱っこして車に乗車するということはできないのです。
新生児用から使用できるタイプのシートを購入して、それに乗せるという方法が正しい方法なのです。
しかし産まれて間もない赤ちゃんは抱っこされていないと不機嫌になってしまうことも多くありますので、赤ちゃんの機嫌がいい時を見計らって車に乗るなどの工夫が必要になるのです。

Comments are closed.