チャイルドシートのオプションについて

チャイルドシートは6歳未満の幼児を車に乗せる時に座らせる事が義務付けられています。車を購入する時にオプションとして付けることが出来ます。この場合においては、自分で車用品店に行って購入した方が安く付く場合もあります。これは子供がいる場合には必ず付ける必要がありますが、実際は付けていない車も多く存在します。もし違反が見つかった場合には、免許停止処分や運転免許の取り消しの基準となる点数が1点付くことなります。違反金は請求されませんが、この点数が溜まる事によって自分にとって損になるので違反は避けたいところです。そしてこれを付ける意味はシートベルトのサイズにあります。シートベルトは身長140cm以上でないと十分な効果を発揮することが出来ません。シートベルトの着用が義務付けられている世の中では、このオプションを付ける事は必須条件となっています。また6歳以上であっても身長が基準に満たない場合においても、このオプションを付ける義務があります。人によって成長具合は様々であるので、違反にならないように子供の身長を把握しておくことが大切です。そして万が一車同士がぶつかってもシートベルトをしているかどうかで、助かる確率が大きく変わります。

Comments are closed.